悪い汗と加齢臭・体臭

体臭や加齢臭の大元となるのが「汗」、この汗には良い汗と悪い汗があるのをご存知でしょうか?

 

まず、よい汗というのはサラサラしており、すぐに蒸発して体表からすぐになくなり快適に。さらに体温調節もスムーズにいきますのでストレスもありません。

 

一方、悪い汗というのは逆にベタツキ感があり、蒸発しにくいので汗自体も乾きにくい。いつまでも体表に残っているため体温調節も困難で不快、ゆえにストレスも感じるものです。

 

では悪い汗が出てきてしまう原因を知っておきましょう。そして対策を練りましょう。

 

まず、悪い汗が出る原因は、汗を出すエクリン腺がうまく機能していないということ。エクリン腺が機能しなくなるのは次の生活習慣が要因となっています。

 

  • 肉中心の食生活
  • 人間関係のストレス
  • 運動不足
  • エアコンの風を受け過ぎ

 

こういった条件で汗を悪い汗にしています。

 

良い汗がでる場合、血液から水分とミネラル分が汗腺に取り込まれ、水分とわずかな塩分だけが汗として体外に排出される、これが良い汗です。

 

悪い汗が出る場合、ミネラル分の吸収がうまくいかず、汗が出る時も汗と一緒にミネラル分が含みベタベタした悪い汗が出てしまうと言うわけです。

 

生活習慣を少しづつでも変えていくと目に見えて良い汗をかきやすくなっていきます。

 

≫加齢臭石鹸の消臭効果を検証!!≪