加齢臭は治せないものではない

年を取ったら加齢臭がしてくるのは当然、だから治せないしニオイは無くならない………なんて思っていませんか?それは大きな間違いです!

 

まずは加齢臭の強弱の話をいたしましょう。ちゃんと科学的根拠にのっとっていますので間違いのない話です。

 

加齢臭の強い弱いには、ストレスが大きく影響していることが分かっています。ストレスを抱え込んでいる人の体内では、活性酸素量が増加しこれが加齢臭の元凶物質「ノネナール」をより一層発生させてしまっているのだ。

 

また食生活でも、このノネナールを減らしたり出来ます。

 

肉類、マヨネーズ、バターなどといった「動物性脂肪」、この摂取量を減らす。動物性脂肪はノネナールを生成しやすくします。

 

次に、ビタミンCやEを多く含む野菜や果物から十分にとる。活性酸素を阻害する効果があるからだ。

 

最後に、活性酸素によってダメージを受けた細胞を再生する抗酸化物質を摂る。緑茶のカテキン、ゴマのセサミノール、赤ワインのポリフェノール、大豆のイソフラボンといったものが一般的で摂りやすい。

 

ストレス解消と食生活の見直しをするだけでも、加齢臭の強弱はコントロールできます。体臭が強いと相手に不快な思いをさせてしまいますし、コンプレックスともなります。体臭のない生活を送ってみませんか?

 

≫加齢臭石鹸の消臭効果を検証!!≪