汗腺を鍛える方法

汗腺を鍛えることによって、体臭・加齢臭を抑えたりできます。このページでは汗腺の鍛え方についてお話させていただいています。

 

汗腺を鍛えるには「スポーツ」あるいは「サウナ」で大量の汗をかくのも正解ですが、普通に会社勤めをしていて疲れた体に鞭をうってはとても長続きしませんよね?そこで入浴によって生活環境の中で簡単に汗腺を鍛える方法をチョイスしました。

 

  1. 高温のお湯で手足浴。43度くらいのちょっと熱めのお湯を、膝下と肘から先を10?15分ほどつける。この訓練方法は手足の「寝たきり汗腺」を動かすことにあります。普段は働きの悪いこの部分の汗腺を鍛えることで体臭が大分変ってきます。
  2.  

  3. ぬるま湯での半身浴。36度前後のぬるま湯に10〜15分ほどつかる。リラックス効果も期待できます。また湯船にコップ1杯分のお酢を入れるとさらに効果的です。
  4.  

  5. 湯上りは自然乾燥。お風呂から上がったら、ある程度の水っ気はタオルで吸い取り、あとは自然と蒸発するまで衣服は着ないこと。この時しっかりと水分補給すると汗腺機能もアップします。

 

これを2週間も続けると、汗腺機能の高まりが実感でき、ベタツキのない気持ちのよい汗をかくことができるようになる。

 

≫加齢臭石鹸の消臭効果を検証!!≪