女性器・おりものが臭いは人によりけり

女性器から、あるいは「おりもの」が臭いと感じる女性は結構多いようですね。

 

そもそもいろんな成分や細胞、菌などがごっちゃごちゃに含まれる体液であるオリモノが完全無臭であるわけがありません。

 

いくら見た目が透明だからと言っても、精製した完全CO2の水じゃあないんですからね。

 

オリモノのニオイは生理周期などの要因で時と場合によってニオイがしなかったり、ニオイが強い日があったりします。当然、個人差もあります。

 

 

まずちょっと匂う程度でしたら思いこみの部分も大きいので問題がないと思いますが、あまりにも強烈な臭いである場合はクラミジアや淋病などの性感染症、あるいは子宮がんなどの疑いの可能性があります。

 

【がん・性病、疑問解決サイト】

※参考サイト

 

強いおりもの臭の正体とは

原因を挙げると3つ、それは「性病の可能性」・「子宮がんの可能性」・「膣内の乳酸菌の減少」のどれかであることがほとんどでしょう。

 

女性の膣内は常に乳酸菌の一種「デーデルライン桿菌」が膣内を酸性にして守ってくれていますが、何らかの理由によって減少して悪玉菌が増え、オリモノからニオイを放つようになります。

 

性病ですとクラミジア・淋病・細菌性膣炎・カンジタ・トリコモナスなどの性病はおりもののニオイが強くなります。生臭いようなニオイが強い場合は要チェック!

 

最後に子宮体がん・子宮頸がんなどでもオリモノが臭くなります。肉が腐ったような強烈な臭いがしてきたらガンの可能性があるかもしれません。

 

 

おりもの臭の対処方法

乳酸菌の一種「デーデルライン桿菌」の減少が原因である場合は、膣内・ビデの洗浄のしすぎで減少してしまった、あるいは体調不良やストレスによって免疫力の低下が招いていることが考えられます。

 

つまり、ニオイ物質を作り出す悪玉菌が増えることでオリモノが臭くなるパターンです。

 

ストレスを抱えている場合はまず自分なりの解消方法を見つけ出す、体調を整える、膣内は洗わない

 

で様子を見るようにしてみましょう。

 

 

これでもオリモノが臭い場合は次に性病を疑いましょう。

 

最近セックスしたセックスパートナーが性病に感染していないかどうか、を疑い症状が無ければ最後に子宮がんを疑います。

 

 

もちろん、大陰唇および小陰唇の溝や陰核包皮の隙間に「恥垢」汚れもしっかり取り除いた上、清潔を保った状態で観察しないと正確にチェックすることは難しくなります。

 

しかし、デリケートゾーンをゴシゴシと力を入れて洗ってしまうとメラニン生成してアソコが黒ずんできますのでが注意ください。

 

 

尚、あそこを洗うのにわざわざデリケートゾーン専用石鹸ではなくても市販の石鹸・ボディソープでも結構ですが、専用石鹸のメリットとしてニオイ改善効果の他にも黒ずみ予防・痒み対策なども解決したい人には利用をオススメします。

 

デリケートゾーン石鹸ランキングを確認