女性器・あそこがチーズ臭いのは概ね大丈夫

女性器のチーズのようなニオイを気にする女性は結構多いもの。

 

「私ってひょっとしたら性病とかに感染しているかも?」「セックスのとき、彼にアソコを舐められるたびに恥ずかしい…」

 

など、不安になるもの。しかし、場所が場所だけに婦人科はおろか、母親姉妹にすら相談しづらいものです。

 

女性器のチーズ臭の正体とは

アソコの臭いがチーズの様な醗酵臭がする原因はなるのは膣内に在住している乳酸菌の活動が正体なのです。

 

膣内にいるとされる乳酸菌とは「デーデルライン桿菌」と言う名の常在菌。「乳酸菌」の一種で活動すると乳酸菌あkら「乳酸」が作られます。これがチーズのようなニオイを出すわけなのですが、これによって膣内が酸性になるために雑菌から膣内を守っています。

 

逆に、このデーデルライン桿菌による乳酸がないと想定した場合、膣内はあっという間に雑菌に汚染されウンコのような激臭がします。

 

つまり、デリケートゾーンのチーズ臭のニオイ、発行したような酸っぱいニオイは正常な状態と言えるので基本的にさほど気にすることはありません。

 

強いチーズニオイ対処方法

確かに「良くある匂いで大丈夫」と論じておりますが、あそこが不衛生だと、オリモノがデリケートゾーンの大陰唇および小陰唇の溝や陰核包皮の隙間にこびりつき、「恥垢」という汚れが溜まります。

 

このカスは時間が経つと空気に触れることで酸化が進み醗酵して非常に強いチーズ臭いを放ちます。

 

発酵が進み過ぎると乳酸の酸性も失われ、雑菌の温床となりさらに激臭となることがあります。アソコのチーズ臭に悩みを持っている女性のほとんどがちゃんとヒダの隙間までマンコを洗えていない…という結論にたどり着きます。

 

その為臭い対策として当たり前のことではありますが、女性器を徹底的に清潔にする必要があります。

 

 

しかし、一つNGなのは膣内を洗いすぎるとせっかく膣内を守ってくれているデーデルライン桿菌まで除去してしまい洗い流してしまい、雑菌の繁殖を促してしまいますので逆効果になりかねません。

 

 

また、デリケートゾーンをゴシゴシと力を入れて洗ってしまう癖がある人は止めといた方が良いでしょう。そのなの通りデリケートな部分ですので、刺激を与え過ぎると防衛反応からメラニン生成して黒ずんでいき…

 

「あそこが黒い」
「乳首が黒い」
「ワキが黒い」

 

なんて悩みを持つ人のほとんどが身体を洗う時にゴシゴシ洗う癖のある人がほとんどと言います。

 

尚、あそこを洗うのにわざわざデリケートゾーン専用石鹸ではなくても市販の石鹸・ボディソープでも結構ですが、専用石鹸のメリットとしてニオイ改善効果の他にも黒ずみ予防・痒み対策なども解決したい人には利用をオススメします。

 

デリケートゾーン石鹸ランキングを確認