女性器の「魚が腐ったような臭い」は性病の可能性

女性器から「魚が腐ったようなニオイ」あるいは「生臭い」と感じる場合はもしかしたら性病が発症している可能性があります。

 

「ひょっとしたらこの間セックスした時に感染したかも?」「セックスのとき、彼にアソコを舐められた」

 

時などに感染した?!…と不安になる人もいるかもしれませんが実は元々、性病となる菌が女性の膣内に存在します。

 

女性器の魚が腐った臭の正体とは

まず、性病の可能性路線で説明しますとカンジタです。

 

このカンジタ菌、実は幼いころからずーっと膣内に存在しており、いつもの健康時には免疫力が強いのでその活動を抑えることができますが、貴方が過度のストレス・体調不良などにより免疫力が低下した場合、カンジタ症状が表に出てきます。また、痒みを伴うことも多いカンジタ症状。

 

つまりはカンジタとは「性病」のジャンルではありますが、実際のところ病気でもなんでもありません。体調が回復することで免疫力が戻り勝手に治ってしまうことがほとんどです。

 

しかしながら、性病にはオリモノや膣内から悪臭を発する種類も多いため、何日もニオイが続くようであれば一度検査を受けられると良いでしょう。性病放置は不妊症原因の第一位なのですから。

 

【がん・性病、疑問解決サイト】

※参考サイト

 

魚が腐ったようなニオイがするもうひとつの可能性は悪玉菌が原因で有ることも多い。

 

普段、我々の膣内は乳酸菌である「デーデルライン桿菌」が守ってくれています。しかし、乳酸菌が何らかの理由によって減少して悪玉菌が増えニオイを放つようになります。

 

「デーデルライン桿菌」が減少するもっぱらの理由とはビデウォッシュなどによる膣内を洗いすぎた結果、乳酸菌まで洗い流してしまったことが原因である場合が多いのです。

 

腐った魚臭の対処方法

乳酸菌を洗い流すことがニオイ原因の一つだと前に説明しておりますので膣内は基本的に洗わないようにしましょう。

 

しかし、大陰唇および小陰唇の溝や陰核包皮の隙間に「恥垢」という汚れが溜まりますのでこれをしっかり取り除かないと結局アソコのニオイが今度はチーズ臭くなったりします。ちゃんとヒダの隙間の隅々まで洗うようにしましょう。

 

しかし、デリケートゾーンをゴシゴシと力を入れて洗ってしまい刺激を与え過ぎると防衛反応からメラニン生成してアソコが黒ずんできます。

 

 

他に免疫力が下がっているパターンは「ストレスを溜め込まない」、「体調不良をケアして早めに整える」ことでニオイがなくなります。

 

 

 

 

尚、あそこを洗うのにわざわざデリケートゾーン専用石鹸ではなくても市販の石鹸・ボディソープでも結構ですが、専用石鹸のメリットとしてニオイ改善効果の他にも黒ずみ予防・痒み対策なども解決したい人には利用をオススメします。

 

デリケートゾーン石鹸ランキングを確認