意外と知らない加齢臭の原因、歳をとるとなぜ臭くなる?

加齢臭は臭い成分「ノネナール」とが原因!!

もともと日本人は低脂肪で植物性食品が中心の食生活のため、体臭・加齢臭が少ない人種、ですが、近年では脂肪分の多い食事、さらに拍車をかける運動不足がノネナールを生み出しているのです。

 

ノネナールとは、加齢臭のニオイの根本であるもの。つまりはノネナールを知れば対策も打てるということです。

 

 

≫加齢臭石鹸の消臭効果を検証!!≪

 

≪中高年の体内でノネナールが作られるメカニズム≫

  • 加齢により、体の抵抗力が低下がはじまる。
  • 皮脂が酸化しやすくなり、バクテリアの餌となる皮脂汚れが促進。
  • 皮脂腺から出てきた皮脂汚れに、空気中のバクテリア付着。
  • バクテリアが皮脂汚れを餌に繁殖・発酵し、ノネナールが大量発生。

 

 

また、皮脂の増加、酸化の加速、抵抗力の低下の原因となる喫煙・飲酒・ストレス・不規則な生活・脂っこい食事はノネナールの発生を促す原因になり、加齢臭が強くなります。また、若年でも加齢臭がしてくる可能性があります。

 

効果的な対策といえば、生活習慣を改めるか、専用石鹸&ボディソープを利用するのが良いでしょう。