子供の鼻づまりの解消方法

子供の鼻づまり。病院の医師によれば、子供が小さいうちは鼻腔が狭いので詰まるのは仕方なく、マメに取るしかないと言います。

 

でも毎日病院に行けるわけでもないし、家庭でできることにも限界があります。それが原因でノイローゼになる人も多いそうです。

 

 

病院で吸引してもらってもすぐに詰まってしまうし、薬局、ドラッグストアで売っている市販の吸引器を使ってもうまく取れない。でも、放置しておくと将来的に蓄膿症になってしまう危険性があります。

 

【鼻づまり予防に良いお茶】

 

我が子が鼻づまりから、蓄膿症に…

鼻腔内の空気の循環が悪いと蓄膿症になることがあります。
蓄膿症はこれからお子さんが、一生懸命勉強したり、物事を吸収する上で非常に悪影響を及ぼします。

 

蓄膿症になった子供はこうなる!!

  • 鼻からドブのような臭いが出てくるようになる
  • ズキンズキンと頭痛がするようになる
  • 記憶力や思考力が低下するようになる
  • 物事にたいして集中しづらくなる
  • 鼻腔にポリープができるようになる
  • 口呼吸が多くなるため、口が臭くなるようになる
  • 鼻の奥に痛みを感じるようになる

臭いを気にしてコミニュケーションをとりづらくなり、人を避けるようになる。
孤立しやすくなりイジメの原因に。もちろん「臭い」というだけでもイジメの要因となりえます。

 

また、覚えが悪くなる、忘れっぽくなる、集中できずに本来の力を出せなくなるなど、勉強でも影響がでてきます。
落ちこぼれてしまう原因になりますし、劣等感を感じて非行に走る可能性もあります。

 

子供の将来を見据えると鼻づまりは、早いうちから解消しなければなりません。

 

 

 

鼻通りを良くする方法

方法といっても、大したことではありません。この方法はお茶を飲ますこと。
私の母は健康茶が好きで、私も良くドクダミ茶や甜茶などを飲まされて育てられました。
おかげで私や兄弟達も鼻づまりや花粉症などに苦しむことなく成長することが出来、親に感謝です。

 

そこで最近の健康茶の中でオススメなのが、えぞ式 すーすー茶

 



 

このお茶はアトピーの方たちのあいだで急速に口コミが広まった健康茶です。

 

鼻づまりに良いとされる「甜茶」に相乗効果で効き目を強化する「赤紫蘇」、「クマザサ」をブレンド。アレルギー性鼻炎(花粉、ハウスダスト、食べ物など)が酷い人にもオススメです。

 

今、思い返せば私が小学生だったころ、成績が良くなかった同級生は皆そろって、普段から口を開けて「いかにもバカそうな佇まい」でした。あれは鼻呼吸が困難で成績が悪かったのも蓄膿症が原因だったのかも知れませんね。

 

詳細はコチラ