ワキガ手術のリスク

 

 

≫消臭効果を検証!ワキガ対策グッズ≪

 

 

わきが手術は成功したはずなのに…あれ?まだ臭い!

わきがの手術を躊躇してしまうのは、失敗した時や術後のリスクを考えてしまうからでしょう。リスクとしては術式にもよりますが、切開した傷がのこってしまう、やけどを負ってしまうなど色々ありますが、その中でも一番多いリスクは“術後臭”です。

 

せっかく高額の手術や治療法を行ったのに、“術後臭”というのは本当に厄介。

 

高額手術がムダになる術後臭とは?

術後臭というのは、わきの手術でワキガ原因のアポクリン腺を除去したのに、まだ残っていた、もしくは全てアポクリン腺を取ったことで、デリケートゾーンなど他のアポクリン腺に負担がかかって、今まで臭っていなかったところから臭いが出てくるパターンもあります。

 

そもそも、外見の形を整える分野の専門家が、臭いの悩みに携わっていること自体、眉唾ものです。

 

もちろん、ワキガ手術に成功する人も多いですが、リスクは絶対あるということを肝に銘じてください。軽度のワキガ程度ならリスクを負うよりも、消臭グッズでケアしたほうが良さそうですね。

 

 

【こちらも読まれています!ワキガ手術の関連記事】