市販薬で蓄膿症は治る、効果はある?

点鼻薬&チクナインに効果なし!

 

蓄膿症になたまめ茶

市販で売られている点鼻薬は、蓄膿症の初期症状には効果的ですが、長く使い続けると「点鼻性鼻炎」という別の病気になってしまうデメリットがあります。

 

この点鼻性鼻炎が結局、蓄膿症の原因となるので市販の点鼻薬は多用はオススメしません!

 

また、CMでお馴染みのチクナインは薬局で手軽に手に入ることから試される人も多いようですが、「効果があった」との口コミは一切、見かけません。風邪やアレルギーの鼻水や鼻づまりの症状は蓄膿症の原因。病気になった場合は早めに病院での受診を心がけましょう。

 

 

≫病院以外で蓄膿症を治すには?≪

 

蓄膿症になってしまった場合!

 

蓄膿症になたまめ茶

基本的に蓄膿症を「病院で治療」となると何回も通院することとなり、最悪、手術療法で治します。

 

蓄膿症になる人の中には、鼻中骨が曲がっていたり、粘膜が肥大していて、骨を削ったりする手術を行うことも多く、入院日数は平均、8日間前後となっています。

 

その後も治療と容態の確認のために通院を繰り返し、病院の待ち時間、移動時間は大事な時間を割くことはかなりの負担、お金も結構かかってしまいます。

 

 

 

蓄膿症を放置したらもっと息苦しくなった!!

 

蓄膿症になたまめ茶

 

蓄膿症を治療せずに長年、放置すると「鼻茸」という、副鼻腔にポリープが出来やすくなります。

 

この鼻茸が空気の通りを更に悪くし、息苦しさが増す場合がありますし、ガン化すると非常に厄介な場所です。

 

 

 

 

蓄膿っぽいんだけど病院に行く暇がない!!

 

蓄膿症となってしまった場合、病院に行く暇がないからと何もしないでいるとと蓄膿はドンドン悪化していき勝手に治るということはありえません。

蓄膿症に効果的な健康茶

自力完治を目指すなら、”漢方療法”がオススメ。

 

最近では、蓄膿症の予防や改善に効果的な漢方成分配合の健康茶が売られています。

 

古くから蓄膿症の漢方薬に用いられる「赤紫蘇」、「甜茶」、「クマザサ」、「なたまめ」などの健康茶は鼻通りを良くし、アレルギー性鼻炎を解消。

 

排膿作用が非常に強く、鼻に溜まった膿や細菌を体外へと追い出し、花粉アレルギーにも強くなります。

 

蓄膿予防として飲んでもOK!免疫力も向上ので風邪やインフルエンザにかかりづらくなります。

 

最近では中国から飛んでくる”PM2.5”対策にも、異物を体外へと追い出す、漢方成分の健康茶の効果が注目されています。

 

 

【蓄膿に効く健康茶 比較ランキング】