子供の蓄膿症(副鼻炎)を治したり予防するには?

【蓄膿に効く健康茶 比較ランキング】

 

子供蓄膿症

 

 

幼少の頃から長く引きずった副鼻炎、ほとんどの場合これが蓄膿症原因になります。

 

 

 

 

蓄膿症(副鼻炎)の放置は人生を左右する!?

子供蓄膿症

蓄膿症になってしまうと黄色がかった鼻汁がでるようになり膿も出来やすく鼻づまりが酷くなります。例えば子供が蓄膿症となった場合は最悪です。勉強して頭に知識をたくさん詰め込む大事な時期に
記憶力が悪くなる、集中力の欠如、思考力低下などを引き起こすわけですから。

 

他にも睡眠障害、鼻臭、意識の散漫、頭痛などの症状を起こしてしまいます。

 

上記ような症状は日常生活・勉強・仕事に大きな影響を与える深刻なもので、成績が悪くなれば落ちこぼれてしまう…時としてその人の人生を左右してしまう可能性があります。

子供蓄膿症

 

 

また、蓄膿症が続くと副鼻腔に出来る”鼻茸”というポリープの一種が出来てしまい、手術無しでは治せなくなります。

 

さらに併病で肥厚性鼻炎などの病気を引き起こす引き金になりかねません。

 

 

蓄膿症(副鼻炎)にならないためには

蓄膿症の予防には、まず、風邪をひかないようにすること。

風邪をひいてしまったら完全に治療することが重要です。

 

「ずっと鼻水が出ている」、「鼻水をすする行為」は蓄膿症になりやすいですので
子供のグズグズ鼻は見逃さないようにしましょう。

 

部屋を清潔に保つこと。

室内に舞う細菌やハウスダストは蓄膿症の原因に大きく関係していますので、部屋を清潔に保つことで予防効果を得ることができます。また、花粉の季節には、マスクを着用することです。

 

 

子供が蓄膿症になってしまったら?

 

基本的に蓄膿症を病院で治療となると何回も通院したり、最悪、手術療法となります。

 

病院の待ち時間、移動時間は大事な塾や勉強の時間を割くことになり勉強が遅れることに繋がりかねません。

 

蓄膿症になたまめ茶

自力で治療をするなら、”漢方療法”がオススメです。

 

例えば、古くから蓄膿症の漢方薬に用いられる「なたまめ」という鹿児島特産の巨大豆。

 

排膿作用によって鼻に溜まった膿や細菌を体外へと追い出し蓄膿症に対し効果を期待できます!

 

もちろん、蓄膿予防として飲んでもOK!免疫力も上がるので花粉症、風邪、インフルエンザに感染しづらくなります。

 

 

学校は集団行動ですので感染しやすい環境にありますので、極力うつされない努力が必要ですね。

 

最近では中国から飛んでくる”PM2.5”対策にもなたまめ茶を始めとする漢方茶が注目されています。

 

そんな、蓄膿症・鼻炎・鼻づまり予防に良いとされる漢方茶を当サイトでは安さ、安全、サービス、口コミを基準に厳選に比較しTOP3ランキングに絞り込みました。

 

【蓄膿に効く漢方茶ランキング】