STD(性感染症)はどうしてうつるのか?

》》》通販性病検査の詳細はコチラ⇒

 

性病というのは自然発生したりする事はありません。 ほとんどの感染が主に分泌液、唾液や血液などからの感染です。体を守るバリアが無い傷口や粘膜が弱い部分は簡単に病原体が侵入してしまいます。 侵入を許してしまった後、病原体は体内で増殖し、体の免疫能力が限界を超えてしまうとついに性病が、「感染・発症」するのです。

 

 

性行為とは、粘膜と粘膜を擦りつけ合う行為ですので、粘膜を傷をつけてしまう場合がありますが、病原体が傷や粘膜へ接触しないかぎりは感染することはありません。

 

よく勘違いされるのは性病は「遊び人がかかる病気」、「若者の病気」と思われがちですが、性行為を行えば誰でも感染のリスクがあり、安易に考えている人は性病に対する対策を持たず、とても危険なのです。

 

 

また、風俗などをよく利用する方の場合は風俗嬢をきっかけに感染する可能性も。

 

最悪、死にも至ることもある性病なのですが、まだまだ理解や知識が貧しいというのが現状です。

 

 

 

感染していた場合、病原菌の存在があったと考えられる場所

 

クラミジア・淋病 「尿道 「精液 「尿 「外陰部 「膣分泌液 「肛門直腸 「口腔・のど 「便 「唾液

 

エイズ(HIV) 「精液 「膣分泌液 「血液 「肛門直腸

 

梅毒 「精液 「外陰部 「膣分泌液 「ただれ・イボ 「血液 「肛門直腸 「口腔・のど

 

トリコモナス 「尿道 「精液 「尿 「外陰部 「膣分泌液

 

カンジタ 「尿道 「精液 「尿 「外陰部 「膣分泌液 「口腔・のど

 

性器ヘルベス 「精液 「外陰部 「膣分泌液 「ただれ・イボ 「肛門直腸 「口腔・のど 「唾液

 

尖圭コンジローマ 「外陰部 「ただれ・イボ 「肛門直腸 「口腔・のど 「唾液

 

A型肝炎 「血液 「肛門直腸 「便

 

B型肝炎 「精液 「膣分泌液 「血液 「唾液

 

赤痢アメーバ 「肛門直腸 「便

 

 

 

》》》通販性病検査の詳細はコチラ⇒