臭鼻症とは

臭鼻症は滅多にかかることのない、まれな病気です

臭鼻症は鼻の中の粘膜が萎縮し嫌なニオイがしたりする「痂皮形成」がおこる病気で、ほかにも「萎縮性鼻炎」との呼び名があります。

 

正常の健康的な鼻は本来、軟らかくてみずみずしい赤い絨毯のような組織でおおわれており粘膜は潤っています。しかし臭鼻症になると粘膜が干からびて薄くなり粘膜が萎縮を始めます。

 

委縮した粘膜は「硬いかたまり(痂皮)」となって鼻中にたまってしまい、これが腐敗するとまるで肉が腐ったような臭いを発します。ただし、臭鼻症は非常にまれな病気ですので臭いがした場合、やはり「蓄膿症」の方が可能性として高いでしょう。

 

鼻臭が気になる場合は酷くなる前に早めに耳鼻科に行きましょう。

 

【蓄膿に効く健康茶 比較ランキング】