記憶力や集中力が悪い人や子供は蓄膿症かもしれない

集中力、記憶力、思考能力と蓄膿症の関係性について

 

蓄膿症は副鼻腔に溜まった膿が神経を圧迫し、頭痛や、睡眠障害を誘発します。
酸素がうまく脳に取り入れることができなくなり、「思考力」、「集中力」、
「記憶力(ワーキングメモリー)」を低下させてしまいます。

 

  • いくら勉強しても頭に入らない
  • 仕事が覚えられない
  • すぐに忘れて覚えていられない
  • ちょっとしたミスが多い
  • 計算が苦手
  • ピンと閃かない

 

という人は蓄膿症が原因なのかもしれません。

 

子供なら学力低下して勉強がついていけない、受験に落ちた。

 

大人ですと、仕事ができないと給料や昇進に関わってくるにで、もしも、蓄膿症なら治療をした方がよいでしょう。

 

自力で蓄膿を治す方法

 

基本的に蓄膿症を治すとなると病院で治療となると思います。
程度によっては何回も通院したり最悪手術なんてことも…。

 

家庭でできる治療方法とすれば”漢方療法”がオススメ。

 

もちろん、自ら難しい漢方素材を配合しろと言うわけではなく、
「蓄膿症対策」に良いとされる漢方茶を飲むことで症状の緩和などを促すわけです。

 

【蓄膿健康茶・人気ランキング】