蓄膿症の原因と症状

【蓄膿に効く健康茶 比較ランキング】

 

蓄膿症の原因

 

蓄膿症の発端は、風邪やインフルエンザなどで細菌やウイルスが副鼻腔内で増殖し、「急性副鼻腔炎」をおこします。

 

この炎症が完治せずに、長期間、持続し膿が発生すると「蓄膿症」と呼ばれるようになります。

 

これが出たら蓄膿症状の可能性!!

 

  • 鼻からクサイ鼻息
  • 鼻汁(青っぱな)
  • 鼻づまり
  • 鈍い痛み
  • 頭重感
  • 頭痛
  • 集中力の低下
  • 思考能力の低下
  • 記憶力の低下

 

病院に行かず自力で治す方法とは

 

基本的に蓄膿症を病院で治療となると何回も通院したり手術をします。

 

家庭で治療をするなら、”漢方療法”がオススメです。

 

漢方素材で例を上げると「鉈豆」などでしょうか。

 

蓄膿症に効果的な漢方素材は「なたまめ」という巨大豆。排除作用があり、膿や細菌を体外へと追い出す効果があります。

 

毎日飲めば副鼻腔に溜まった膿がなくなる効果が期待できます。

 

最近では「蓄膿はバカの元」と浸透してきており、子供の成績が下がるのを恐れた親御さんたちが、蓄膿や鼻炎予防として子供に飲ませることも増えてきました。副作用がないのもなたまめの特徴です。

 

そんな、なたまめ茶を当サイトでは安さ、安全、サービス、口コミを基準に厳選に比較し、TOP3ランキングに絞り込みました。

 

 

【蓄膿に効く健康茶 比較ランキング】

 

 

 

蓄膿症の原因と症状記事一覧

畜膿症の放置は鼻腔にポリープが出来る可能性がある

蓄膿症を放置するとポリープが出来ることも蓄膿症の症状が重くなってくると、粘膜の一部が膨らみ、まるで「キノコ」のように突出してくる「鼻茸(はなたけ)」になることがあります。ポリープの一種で、鼻茸が鼻腔をふさいで通気が悪くなると、加速的に蓄膿症が悪化してしまいます。治療法は手術で鼻茸を切除するしかありま...

» 続きを読む

記憶力や集中力が悪い人や子供は蓄膿症かもしれない

集中力、記憶力、思考能力と蓄膿症の関係性について蓄膿症は副鼻腔に溜まった膿が神経を圧迫し、頭痛や、睡眠障害を誘発します。酸素がうまく脳に取り入れることができなくなり、「思考力」、「集中力」、「記憶力(ワーキングメモリー)」を低下させてしまいます。いくら勉強しても頭に入らない仕事が覚えられないすぐに忘...

» 続きを読む

蓄膿症の治療法

蓄膿の治療法 1蓄膿症治療には耳鼻科での治療が一般的です。主に投薬、吸引薬、酷い場合には切開手術により膿を取り除くことが必要だったりしますね。手術となる場合、レントゲンを撮ると思います。蓄膿症になる人の特徴として鼻の軟骨が曲がっていたり、鼻腔内の肉が圧迫して空気の通り道をせまくして蓄膿に発展するケー...

» 続きを読む