食習慣が原因の口臭

食べ物が引き起こす口臭

お酒を飲むことによって匂うアルコール臭や、餃子やラーメン、焼き肉などにおいの強い食物による口臭、タバコを喫煙することによって臭う口臭があげられます。

 

特にニンニク、葱類、栄養剤などの臭いの強い食品を摂取すると血中濃度があがり、肺のガス交換で発生するにおいが口臭となります。

 

時間とともに消滅しますが、人と接する際には気をつけましょう。

 

生理的口臭は特に気にしなくても良い

まったくの健康体であっても人間には絶対に、口臭はあります。

 

起床時、ストレス、加齢による生理的口臭は弱いニオイで気にしなくてもよいです。

 

これら以外にニオイが気になる場合、あなたは歯周病かもしれません。
「歯茎に溜まった”膿”が嫌な臭いの原因」で口臭原因の8割となっています。

 

歯周病口臭の治療法