持病や成人病などの口臭

持病や成人病が原因の口臭

糖尿病、自己免疫疾患、鉄欠乏性貧血、悪性貧血や薬物の副作用などが原因で口臭が発生する場合があります。

 

また、特殊な辺りで,魚臭症候群という生まれつき染色体の異常で生まれつき臭いがでる場合があります。

 

魚臭が残るたんぱく質「トリメチルアミン」を無臭する酵素がでないため,呼気時に魚が腐乱したような臭いを発する病気です。口臭だけではなく、身体中から発し、歯を磨いても、お風呂に入ってもニオイがしてきます。

 

また,イソ吉草酸欠症では汗臭い靴下のような臭いをひき起こすケースがある。

 

これらに当てはまらない場合、歯周病かもしれません。
「歯茎に溜まった”膿”が嫌な臭いの原因」で口臭原因の8割となっています。

 

歯周病口臭の治療法